五郎入道正宗
相州鎌倉の名工・正宗といえば名刀の代名詞とつたえられているが、その偉大さは、焼刃の「沸の美」を最高に表現し、金筋、地景など、地刃の働きを十分に生かしたところにあります。
正宗の刃紋は多様で、湾れに丁子を主とする城和泉正宗、湾れに互の目を主とした石田正宗などがあり、数珠刃、玉刃、扇刃、島刃、瓢箪刃などと表現されています。

材質:砂型特殊合金・二重刃文  柄巻き:正絹濃鉄捻巻・黒染鮫皮敷  下げ緒:正絹紺7尺  鞘:朴の木に黒呂塗

全長 重量 鞘払いの重さ
約 105cm 約 1,010g 約 800g
刃長 柄部長さ 鞘長さ
約 74.5cm 約 25.5cm 約 79cm