名物石田正宗・芝引陣太刀拵え
相州鎌倉の名工・正宗といえば名刀の代名詞とつたえられているが、その偉大さは、焼刃の「沸の美」を最高に表現し、金筋、地景など、地刃の働きを十分に生かしたところにあります。
名物石田正宗は石田切込正宗ともいい、棟の物打辺と腰元また茎に深い切込痕があります。一説に太閤秀吉より三成が拝領したとも云われてますが『名物帳』には毛利若狭守が所持していたものを宇喜多秀家が四百巻で買い、石田三成に贈ったと記されてます。

材質:質特殊合金  柄巻き:金色純綿捻糸ひねり巻仕上げ(渡巻も同じ)

刃先は薄刃仕上げ

全長 重量 身幅 棟部厚み 刃長
105cm 1,410g 3.08cm 6.7mm 74.5cm
刃先 柄部長さ 鞘長さ
薄刃仕上げ 24.5cm 80cm  特殊合金金鍍金仕上げ