戻 る

大典太光世

(おおでんたみつよ)

前田利家の第一等の愛刀であり、前田家の三種の神器的な存在でもあったものに、筑後三池に住した典太光世

の太刀があり、世に「名物大典太」と称している。

 この太刀は長さが66.1cmと短いが元身幅が3.5cm、先身幅が2.5cmと身幅が広く、2.7cmと

反りの高いもので 平安時代の太刀姿としてはやや異風であり、異例である。しかしこうした太刀姿も、上古

刀を基準として考えた場合は、あっても不思議でなく、中峰の猪首となった形も力強い。いわば、これで寸法

が長ければ、大包平や久能山の真恒と同様な太刀姿のものになるが、この太刀はズングリとして、重ねが薄く

それに幅の広い底の浅い巧みな樋を掻き流しているなどの点が、三池典太の特色ある造り込みであり、太刀姿

でもある。

 鍛えは大きく板目肌が流れ、処々に大肌が交じり、地肌が白けている。この地肌の白けることは、ひとり大

典太に限らず、古い九州物全体に通ずる大切な見どころでもある。そして直刃が浅く湾れごころとなり、全体

にほつれごころがあり、目釘孔の下に「光世作」と三字銘がある。

 この太刀は、もと足利将軍家の重宝で、二つ銘則宗、鬼丸國綱とともに、尊氏以後十三代の長きにわたって

伝承されたものであり、一方、一期一振吉光、数珠丸恒次、三日月宗近、童子切安綱とともに、室町時代以来

「天下五剣」と称せられたほどの名刀である。

 足利将軍家から豊臣秀吉の手に移ったが、前田家に伝来するに至った事情については、享保名物牒には前田

利家の息女は、浮田秀家の奥方であったが、昔その息女がえたいの知れない重病にかかられた。その時秀吉の

秘蔵であった大典太光世の太刀を借り受けて、その病床の枕もとに置いたところが忽ちに病気は快癒せられた

そこで御礼を述べて秀吉に返したところ、また病気が再発した。そこでまたお借りして枕もとにおけば、忽ち

病気が快癒するといったことで、三度も繰り返した。三度目にはそのまま利家が拝領することになったという

不思議な物語を載せている。

 

新・日本名刀100選より