記事一覧

flashのページ

フラッシュが廃止される ということで


フラッシュページの改造をしてきました


       これで 完了!


この老いぼれには 少々 時間がかかりました



バイオリズムの日数計算で


生存日数は フラッシュのスクリプトがあったので、問題なかったのですが、


誕生日から何歳 何か月と何日の計算で苦労しました


  計算式が分かったら なんと 単純な計算式でした


これで flashのページはなくなりました。


また 20年ほど前のページも 書き換え


 半分ほどのページを書き換えた思います


   あとは ゆっくり修正していきます

サーバーの移転

サーバーを移転してから5日が経ちました


ホームページの修正やCGIの修正で時間が経ちましたが


粗 修正出来たと思います。


CGIにはチョット苦労しました いや、本当に苦労しました


確認動作では すべて問題なく動作したようですが・・・


あとは 少しづつ 確認とします

柄糸の巻き

本日は柄糸の巻きについてです。
現在、模造刀の居合刀の柄糸の巻き直しをしているところです。
柄巻きで菱紙を込める時、和紙を使って込める場合、
和紙をある程度巻き畳みます。
私の場合、巻き畳む回数は9回程です。
次に、13mmの幅で切り、切った物の片側半分を
切り口の箇所(畳んだ所)の真ん中上側を中に押し込み
三角の片側を作っておきます。


ファイル 196-1.jpg


柄糸を巻き菱紙を込めるとき、折った方を置いて巻き、
あとで片側を、クジリ等で押し込み、柄糸で包み込める
状態にします。


ファイル 196-2.jpg




他店の柄は 鮫皮の幅が狭いので非常に困ります。
特に 正絹で巻く時ですが
柄木は 木工所では鮫皮を貼る溝を22mmで設定して 機械で彫っています。
その柄を各業者は使っています。
その22mm幅は 柄糸を巻く際、菱を小さくしないと
下地が見えてしまいます
最悪は下の写真のように その溝幅より狭い鮫皮となると 
最悪です。


ファイル 196-3.jpg


よって、当店では 鮫皮の幅を25mmにして 柄の溝も削って
幅を広げています。


やはり刀の柄は 菱目の長いのは 美しいものです。
本日は愚痴じみたところがありましたが これまで

新年からのお詫び

遅くなりましたが 会員の皆様 おめでとうございます


じつは 新年早々から インターネットの接続不良で


いろいろと 試してみましたが ネットが繋がらない状態が 続きました


最終的には 専門業者に依頼 早くても3日後になるという事


本日の 夕方に来て頂き ルーターに問題あるとのことで ルーターの交換


交換後 直ぐに インターネットの接続が できました


皆様方には 大変ご迷惑 また ご心配を掛けましたことを お詫び申し上げます




次に 私事ですが 片耳の聞こえが悪いため 病院で診察 MRI結果で聴神経腫瘍ができていました


今月の18日からガンマナイフの治療を受けます


この日も 連休させて頂きますので ご了承くださいませ






最後に 会員の方のみ 三日月宗近の太刀を販売致します(写真参照)
価格は全て込みで30000円です


ファイル 195-1.jpg


商品内容はこの日記(8/19)を参考にして下さい
ただし 高級品の方ではありませんのでご注意ください
購入方法は当店の「お問い合わせ」から ご予約下さいませ

鮫皮の短冊交換も楽ではない

いま 柄の修理で 鮫皮を貼って 乾燥を待つ状態です

修理前の鮫皮は 鮫皮の端が柄木鮫皮溝より はみ出した状態

やっぱり 模造刀(居合刀)の 柄巻きは ○百円の作業のため

鮫皮の端が はみ出ていても お構いなしで 柄糸を巻いている


鮫皮を貼り直すだけで 午前中の作業

切り取った鮫皮の短冊の 両端を綺麗に 研ぎだす

柄木の鮫皮溝が浅いため 鮫皮が 納まる状態に彫り直す

鮫皮の幅を 再度研磨調整する

鮫皮が整ったら 鮫皮を 柄に合わせるため 湾曲にする

目釘の穴を合わせてから ドリルで開ける

鮫皮を貼り合わせる

以上が 午前中の作業


あとの作業は 鮫皮がはみ出ていないか チェックして

はみ出ている箇所を 研いで 高さを一定にします

その後で 柄糸の巻き直しで 完了

ページ移動