hidden

鞘の作製

朴材から鞘用に板取りして準備します。
板取りは、刀身の反りを測り、刀身の最大幅(刃区の箇所)より片側1cm位広めにした、その幅と反りで板取りをします。
(朴材は 朴の板材の商品 で販売)
板の上に刀身を置いて型をとります。 鯉口の箇所はハバキ元から置いて鉛筆などで型を取ります。 この時、棟側から何ミリの箇所と決めてから型を取ると反対側の板も ハバキ元が上側から何ミリの箇所、切先が上から何ミリの箇所と刀身 の置く場所がずれ難くなります。 下の写真は刀身から型を取ってから半月鋸で溝を付けているところと 溝を付けた写真です。


次は、鑿で彫ります。彫り具合は刀身を置いて半分の深さになってい ればOKです。 ハバキの箇所は刀身にハバキを当ててから調整して彫ります。
※ 鞘は刀身の切先とハバキ(元)で支えられています。よって中心 前後は余裕ある彫りが良い。鑿は鞘彫り用鑿がありますが、安価な彫 刻用鑿で構わない。
彫りのワンポイント
上記写真のように、最初は大まかに彫り、次に鎬地の箇所を彫ります。 鎬地を彫ってから地側を彫って調整します。 下の写真は刀身の箇所及びハバキの箇所を彫っている一場面と彫り上 げた写真です。


鯉口の箇所はハバキの形状に合わせて彫ります。 下の写真はハバキの形状に彫り上げた写真です。

彫り上げましたら、刀身の油をたっぷりと付けてから、一度彫り上げた 鞘の納めて確認します。納刀の際、抵抗なくすんなりと刀が納まれば 彫りは完成です。ただし、彫った痕はペーパーサンドなどで研磨して 仕上げて下さい。 なお、納刀確認にて各箇所に油が付いていましたら、その箇所を彫って 調整してください。 次は鞘の外形彫りです。最初は片方のみ削った方が簡単です。 両方を貼り合わせてから削る場合、棟側から何ミリ迄削るかが判断 できません。片方のみでしたら厚みを考慮して削ることが出来ます。 下の写真は大まかに削り上げた写真です。

片方の削りが出来ましたら、反対側の板に合わせて貼り合わせます。 貼り合わせの箇所が難しい場合は、一度刀身を入れてから位置を合わせ ると良い。 下の写真は鞘を張り合わせた写真です。

貼り合わせが完了しましたら、反対側を鉋などで削りながら全体の形状 を作ります。 下の写真は鞘を削ってからペーパーサンドで磨ぎ上げた鞘です。


鯉口に鯉口樹脂や鯉口水牛を付ける場合は、鯉口の若葉を作ります 今回は鯉口・水牛板を用います。 水牛板を鯉口に合わせてサイズを線引きします。 あとは鋸や鑢で研磨して形を作ります。 板の厚みが約7mmありますので水牛を当てる深さを6mmとして、6mmの位置に線を引きます。

次に外周を鋸などで切り込みを入れます。

あとは、その箇所を鑿で若葉の厚みが1.7mm~2mm前後になるように彫ります。
鯉口若葉の彫りが完成しましたら、準備した水牛板に鯉口を当ててサイズを線引きします。 線引き後、糸ノコなどでその部分を切り抜きます。

(水牛板は 鯉口水牛板の商品 で販売)
鯉口の調整ができまら、鞘に納めて確認します。

次に、水牛板を鞘のサイズに合わせます。 下記写真で、鞘の周りを千枚通し等で印を付けます。
   
上記でしるしを付けた箇所を切り取り、下記写真のように研磨して完成させます。
   

鞘の鯉口箇所が終了しましたら、栗型の溝を掘ります。 鞘に栗型を仮置きにて印を付け、鋸などで深さを考慮して切りこみして から彫ります。

最後に鐺を付けます。鐺は水牛鐺、金具などを付けますが、今回は金具 を付ける作業です。 鐺に金具が納まるように削ります。

鐺金具と鞘とに隙間が無いよう微調整して完成です。


鞘作りが完成しましたら、再度#600と#1000のサンドペーパー等で研磨します。 次に、鯉口・栗形・鐺をボンドなどで固定します。 栗形・鯉口・鐺で多少の隙間がある場合は穴うめパテで隙間のないように仕上げます。
材料は、鞘用朴の板1組、水牛板鯉口、水牛栗型、鐺金具
今回用いた道具(下記写真)。その他として糸鋸や専門的な鑿などです。


次は、塗料の塗りです。 鯉口と鐺にマスキングテープなどで塗料が塗れない様保護し、準備が出来ましたら、鞘塗りの開始です。 今回は、ウレタンスプレーとブルースチールと言う塗料を用います。 その他、ラッカーエナメル調、アクリルシリコン塗料などでも良い。 最初に下塗り用のプライマーを塗ります。塗りは3~4回ほど塗ります。 プライマーが乾燥してからサンドペーパーなどで磨き上げます。 次に、ウレタンスプレーを薄く塗ります。気候により違いがありますが、半日前後で2回目を塗ります。 更に1日ほど乾かしてから3回目を塗り、塗り重ねを5回程繰り返します。 次に、塗った塗料を水用サンドペーパーで磨き上げ、乾燥します。通常はこの作業で塗りを終えて、最後に 細かいコンパウンドで磨いて完了ですが、今回はブルースチール塗料を塗り重ねます。 モデルガンに用いるブルースチールを塗りますが、塗り方は前述と同じ要領です。 下記写真がブルースチールを4回塗った写真です。

塗料が乾燥したら完成です。

遊び心にて、鞘の真ん中に家紋を貼り付けて、塗り重ねをしました。