~button

hidden

NPS
柄の作り方

自分の手に合った柄前を作ってみませんか? 柄木を作る朴の板などを準備して、柄の長さに切ります。 (朴材は朴の板材の商品で販売) 柄の縁側は、刀の茎を板の上に置いて、鞘とのバランスを考慮して切り揃えます。 この時、刀にはハバキ・切羽・鐔を嵌め、縁金具の厚めを考慮して切羽1枚を追加します。 次に、ペンなどで茎の型を取ります。 反対側は茎の先側と茎の尻側の位置を決めてから、茎を合わせると楽です。 刀の茎の型を鋸などで線引きして溝を切ります。 あとは、鑿などで彫って、深さなど茎を入れながら調整します。 彫り上げてから、紐などで硬く締めて、茎の納まり具合を見ます。 刀を上側にして、柄頭側を手で叩いて納まれば茎溝彫りの完成です。 茎の溝彫りが完成しましたら、木工ボンドなどで柄木を接着します。 次は柄の外形彫りです。鉋などで自分の好みの形状に研磨します。 また、用いる縁頭金具のサイズに合わせて調整彫りして柄の外形を整えます 巻鮫にする場合はその鮫皮の厚み分を更に研磨して柄木を完成させます。 短冊鮫を用いる場合は短冊鮫用に溝を掘ります。 柄頭金具の形状に合わせて柄頭箇所を工作します。下図は肥後金具を想定しています。 鮫皮用の溝彫りが完成しましたら、鮫皮を貼り付て完全接着します。 次に、目釘の位置を決定してドリル等で目釘穴を開けます。 ドリルは2~3mm小さ目の物で穴をあけます。穴をあけてから鑢などで目釘穴を調整します。 柄の縁について、表側には柄糸を巻く表側の一文字巻きの箇所を下記写真の様に作ると便利。 また、縁金具に厚みがある場合には、下記写真の様に柄糸を当てて金具との高さを調整して金具の溝を掘ると良い。 裏側は鮫皮を縁金具に合わせるより、下記写真の様に鮫皮が縁金具の下側に納まる様に溝を掘ると鮫の切れ目が目立たない。 出来上がったら、柄糸を巻いて完成です。